どうしてこんなにダルいんだ…?

症状について

どうして人間はうつ病になってしまうのか、そしていざうつ病になってしまった場合の症状とはどのようなものなのか、原因も踏まえてうつ病の複雑な症状を把握し、自分や周囲の人間がそれにかかった場合に対応できるようにしてください。

View details »

しくみとは

人間がうつ病にかかってしまうのは気持ちや気のせいでもありません。ちゃんと原因があり、それに反応して脳の分泌物に問題が発生しているからこそうつ病という症状に陥るのです。基本的なしくみを知っておくと治療にも役立ちます。

View details »

増加傾向

うつ病の原因を知りたい人は、コチラのサイトをチェックしてみましょう。うつ病の原因やメカニズムを知ることが出来ますよ。

学びましょう。うつ病には原因があるため、どういったことで起こるのか知ることが大切です。そうすると予防することが可能です。

近年若い人に増えている病気にうつ病があります。これは様々な原因によって発症する可能性がある病気であり、治療期間もまちまちです。明確にうつ病が治ったという線引がないために、1度うつ状態になってすぐ復活できる人もいれば、何度もうつ病にかかっては回復し、再度うつ病にというサイクルを繰り返しているような人もおります。元々、うつ病というのは仕事や家庭での出来事や役目を全て終えた老人によくみられる症状でした。女性の場合は子供が成長し自立して家を出ていったことで空の巣症候群となり、それがきっかけで生きる意味や生活する中での目標がぽっかりとなくなってしまいうつ病になる人がいます。男性の場合はバリバリ社会人として働き、定年を迎えたことで日常生活が大きく変化し、それによってうつ病に陥ってしまう人がおりました。しかし、最近は老人や年配者のうつ病発生率はのきなみ減少しており、代わりに自殺率と共にうつ病患者の数が上がってきているのが若年層です。

若い世代は未来に希望があり、やり直しができる上に親がいるために衣食住に困るような状態になっている人は殆どおりません。まだまだ自分を支えてくれる人がいるためうつ病になってしまう人はそう多くはありませんでした。しかし、最近は経済環境の悪化や就職難に学歴格差や貧困問題により若さだけではどうにもならない状況に陥っている子供が増えています。それらを原因として心を病んでしまう人も増えているのです。老人の場合は様々な社会保障やこれまでの貯蓄があり、子どもや近所の人が支えてくれることと時間がたくさんあるために趣味や新たな仕事先へ行くことでうつ状態を回復することができます。女性の場合はペットを飼う、子供が孫を生むことで新たな生きる希望を見つけうつ病を克服することも多かったのですが、現在の若者は貯蓄もなく、仕事もなく、趣味はできず、壁ばかりという状況に立たされている人が多いために中々原因が解決されず、病状が悪化する人が多いのです。

若者がうつ病にかかることが多くなり、自殺率は過去と比べて跳ね上がっているというデータがあります。老人がうつ病にかかると体力の低下もあいまって無気力になることが多かったのですが、若者は気持ちはうつ病でも原因が解決できなくとも体力はありますし、これから先の人生もまだまだ長いですから、この2つの作用が最悪の方向に機能してダラダラとうつ病のまま生きるくらいなら早く死のうと自殺への原動力になってしまっています。
福祉関係も若者に関しての保証にはまったく特化していませんから、国からの手助けも受けられず孤独なまま苦しんでいる若者や親から理解されないまま苦しんでいる人が増えています。
うつ病などのメンタル面の病気が注目されだしたのはごく最近のことであり、昔はうつ病=精神異常者、気のせいというような意識が大きかったのです。今の親世代はこの意識を持ったままであることが多く、子供がうつ病になったときに気のせいだと攻めたり、世間体が悪いから隠すように、もしくは早く治せ怠けだと追い詰めるような対応をとってしまっていることも自殺率の増加に関係しています。
このまま過ごしていると少子高齢化にさらなる拍車をかけることになってしまいますから、早急に対応してメンタル面の病気への理解を広めることが必要です。

うつ病の原因は色々あるので、コチラをご参照ください。|うつアカデミー

原因を解明

うつ病に陥る原因は人によってまったく違います。日々小さな物事の蓄積によってうつになる人もいれば、何か大きなきっかけを原因としてうつ病になってしまう人もいるのです。原因を解明することで治療方法を模索していくことができます。

View details »

治療方法

現在日本で利用されているうつ病の治療方法はカウンセリング、投薬、入院隔離の3つです。かかってしまった原因や本人の精神状態によって治療方法は変化します。また、依存性なども考慮して対応する必要があります。

View details »